H31年1月
近所の落ち葉を子供たちと拾いに行きました

その落ち葉をFARMに蒔きます。
土を元気にするためです。

 

令和元年4月
平成30年度の種を一つずつ蒔きます。

種を水に浸すと10分もすれば、このように膜をはります
そして、割り箸の先をとがらせたもので、一粒ずつ蒔くという地道な作業を
12000個しました。

ハウスで育てたホーリーバジルの苗を

いよいよ定植します!!

 

令和元年5月29日

パタゴニアアンバサダーの皆さま

カイル君、ゴリ君

そして、えみちゃん

今年はいろんな方々によって定植していただきました。

すくすくと成長していくホーリーバジルの苗

 

6月23日初摘芯

裏の紫の色とてもきれいです。
もちろん、たまらなくいい香りがします。

 

7月24日

紫色のお花が咲き始めました。

 

7月29日

冷凍用のハーブを収穫しているときのFARMの様子

ガパオライス、パスタやピザの香りづけに使用したりします。
NORUCAにて販売中

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.amazon.co.jp/NORUCAの冷凍フルーツ-冷凍ガパオ-冷凍ホーリーバジル%EF%BC%88無農薬%EF%BC%89-50%EF%BD%87-徳島産-【消費税込み】-2018年、収穫ガパオ、ホーリーバジル/dp/B07439PCM4

 

8月2日
紫色の花が次々と咲き始めます

 

 

そして、収穫

 

最終収穫はMちゃんと一緒に

 

収穫したものは、まずは天日干しで乾燥させます

 

乾燥したら、押切でCUTしていきます

 

 

CUTしたものを焙煎していきます

小さい鍋で、目でチェックしながら行います
焙煎中は、前の道までいい香りが広がっていました。

 

海陽町の穏やかな太陽が降り注ぐ、ミネラルを含んだ土で、雑草を堆肥にした、

昔ながらの農法で栽培してます。
このようにルロクラシックのホーリーバジルTEAは半年かけて作り上げていきます。

 

心がほっとするような香りが特徴です。
冷たくても美味しいですし、これからはホットに。
牛乳や豆乳に煮だして、ジンジャーのスライス、砂糖などを入れチャイにしても美味しいです。

是非ルロクラシックのホーリーバジルTEAをお飲みくださいませ。

 

ご購入方法
①NORUCAよりアマゾンにて購入

https://www.amazon.co.jp/ホーリーバジル-茶葉-30%EF%BD%87-徳島産-ハーブティー%EF%BC%88トゥルシー%EF%BC%89【消費税込み】/dp/B016MUJV8S/ref=sr_1_9?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2HAUZ33RVQZBP&keywords=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC&qid=1571639190&s=food-beverage&sprefix=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%B8%E3%83%AB%2Cfood-beverage%2C256&sr=1-9

②ルロクラシックに直接連絡
FB、インスタ、電話

090-4785-9510(担当:タナカ)

 

③徳島県海陽町近辺で購入

・海陽町(旧宍喰町)すぎのこ市場
・海陽町(旧宍喰町)喫茶ひこうせん
・海陽町(旧宍喰町)IBB 藍染工房
・高知県東洋町白浜 海の駅

・小松島あいさい広場(NORUCA)

 

インドでは、「ホーリーバジル」(トゥルシー)の葉を毎日食べれば、医者がいらないということわざがあります。
ホーリーバジルは、香り高く、また、飲み安さも格別で、癒し効果を引き出し、

「小さな自然の恵み」を頂いてる気持ちにさせてくれます。

また、アタプトゲンという抗酸化効果の高いハーブとして知られています。
アタブトゲンとは、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブ(天然生薬)を指します。

是非、ホーリーバジルを知らない方も、飲んでみてくださいね。

本年度も無事収穫そして商品ができたことを嬉しく思います。
厳しい自然環境の中たくましく育ったホーリーバジルをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

小さな谷の中央を、宍喰川が流れる宍喰の町。

海沿いの国道55号線から、山側に少し入るだけで、こんな農村風景が広がります。

海・川・山が、密接な関係性を保っています。

 

体験型食育交流イベントの準備の日々は、

ありがたいことに良い天気が続きました。

 

 

臨時スタッフとしてお手伝いしてくれた、ドイツから来た学生のMさん(22歳)。

タンザニアでの活動を中心に、*パーマネントアグリカルチャーを勉強しながら、

世界中を旅している最中、日本を訪れたという事で、ご縁をいただきました。

 

*食物や繊維、エネルギーなど人間の必要を満たすため、

自然の中に見られるパターンや関係を真似し、風土を意識的にデザインすること、

などを説いている。

 

 

 

コツを必要とするハードワークも難なくこなし、

初めての稲作の作業を、楽しんでいる様子でした。

 

漁火の森で行う、懇親会用の地元食材の調達も行います。(´▽`)

 

そして、イベント当日の清々しい朝。

室戸阿南海岸国定公園内、宍喰・長浜から乳ノ崎を望む。

 

ガーデンの柊(ひいらぎ)も、新芽が出てきました。(´▽`)

 

 

育苗ハウスの中では、ホーリーバジルの芽が出てきました。

 

さあ、参加者の皆さんが、

ルロクラシック ゲストハウス / ガーデンに集まりました。

 

まずは、皆さんに自己紹介をしていただいてから、

自然についての座学を行います。

 

今回、皆さんに楽しんでいただく宍喰温泉の泉質から始まり、

水の自然循環についてのお話や、作業中や自然界に潜む危険をみんなで意識共有し、

安全に楽しめるように、危険予測 / リスクマネージメントを行いました。

 

さあ、田んぼに移動し作業開始です。

まずは、稲苗を植える基準になる升目を描く作業から。

 

昔ながらの道具を使って、丁寧に描いていきます。

 

 

綺麗に描けましたね!(´▽`)

 

さあ、みんなで植えていきましょう~。

 

 

 

 

 

 

 

個性的なアプローチで植え始めるお父さん。

皆さん、それぞれの個性が光ります。(´▽`)

 

あれ?

こどもたちはというと、、、

 

用水路で、お約束の水遊び~。(´▽`)

 

こちらも、お約束の生き物観察ですね。(´▽`)

 

わお~、道路に寝そべって冷えた体を温めるTちゃん。

ここでも、それぞれの個性が光ります。

でも、ここは農道なので、道路で寝てはダメですよ。(´▽`)

 

お父さん、お母さんはというと、集中力が上がってきた様子。

黙々と作業に打ち込んでいます。(´▽`)

 

さあ、

お昼になったので、作業はここまでです。

 

皆さん、とても綺麗に植えました。

ありがとうございます。

 

みんなで、記念撮影。

ハイポーズ!(´▽`)

 

元気に作業し、お腹が空いたので

宍喰川に移動して、泥を落とし、みんなでお昼ご飯。

 

自家製スパイス(ガーデンのターメリックなどを使用)で仕込んだ、

地鶏・阿波尾鶏のカレーです。(´▽`)

 

みんなで力を合わせて作業をし、

一緒に食べる食事はとても美味しかったですね。

 

食後は、お決まりの川遊び。

まだ、4月ですけど、、、(´▽`)

お天道様のご陽気に誘われてジャバジャバと遊びます。

 

 

 

 

 

おや、?

大人たちは、何やら始めました。

 

石積みですね! (´▽`)

 

次第に集中力が上がりだし、

本気モードで夢中になりました。(´▽`)

 

あれ?

またもや、、、

 

川遊びで冷えた体を温めるTちゃん。

石で身体を温める技を習得しましたね! (´▽`)

 

そんなこんなの「田植え&川遊び」編でした。

お次は「漁火の森」編につづきます、、、(´▽`)

 

 

豊かな大自然と共に

Rulo Classic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 13123...最後 »
  • Categories

  • Archives

    • 2019 (10)
    • 2018 (16)
    • 2017 (15)
    • 2016 (11)
    • 2015 (22)
    • 2014 (17)