第10回とくしま海陽町体験型食育交流イベント

 

Day2 も快晴です。(´▽`)

この日は少し波がありました。朝日に照らされる波、綺麗ですね。

各自、まぜのおかのコテージをチェックアウトして、ゲストハウスに集合。

おや、早速ブランコで遊んでいますね。(´▽`)

昨日搾ったゆずの皮はコンポストへ。肥料となって土にかえります。

コンポストの脇で自然に育つ里芋。種イモが混ざっていたんでしょうね。(´▽`)

では、

鈴ケ嶺トレイルウォーキングに出発しましょう~!(´▽`)

 

センブリの花を発見。可愛いですね。(´▽`)

おや、

Sちゃんが何か見つけたようです。。。

「 エビフライみつけたよ~ 」ですって。

きゃー、可愛すぎる~ (⋈◍>◡<◍)。✧♡

おや、

こちらも何か見つけたようです。

オス鹿が縄張りを示すために、角で木に標を付けていました。

足元にある石像は、鈴ケ嶺88か所参拝の石像です。

山頂付近に祠があり、祠には碇も祀られていて、

海の恩地を授かる方たちも山を大切にされていた様子が伺えます。

途中、休憩をとりながら、みんなで足取りをそろえて登ります。

おや、また何か見つけたようですね。(´▽`)

国定天然記念物 ヤッコソウです。

ヤッコソウは椎の木などに寄生する植物だそうです。

山の植物が好きなSさん、興味津々で写真を撮っています。

それを見てお父さんが一言、「普段全然写真撮らへんのに、、、」ですって。(´▽`)

なんでも、好きなことがあるって良いですね。

そんなこんなでゆっくり楽しみながら、山頂に到着しました~!!

ここからは、宍喰の山々、中央を流れる宍喰川、農地、宍喰地区のコニュニティー、

そして、遥かなる太平洋を一望できます。

遠くは、西に室戸岬、東に牟岐大島~阿南まで眺めることができる絶景ポイントです。

さあ、ここで昼食にしましょうね。(´▽`)

自分の足で山を登り、自分たちで植えたお米で作ったオニギリをいただきます。

感動はひとしお。ここで味わうオニギリの味は、きっと子供たちの心に刻まれることでしょう。

おや、こちらは何かを描いているようです。

山頂に設置された思い出ノートに、記念の想いを描いているようです。

そして、

昨日、お話しした「Future Design」について、それぞれの想いを発表しました。

「何をするかっていうのはそれぞれ違うかもしれませんが、一人でも多くの人が未来の子供たちの為に何ができるかっていう事を考えると、みんなが優しい気持ちになれるのかな、、、」というお父さんのお言葉が印象的でした。

自然の成り行きで、参加者の皆さんとトークセッションできたこと、とても嬉しく思います。

ありがとうございます。(´▽`)

 

。。。

 

さて!!

みんなで記念撮影をとりましょうね。ハイポーズ!!(´▽`)

「むうさんも入って~」ということで、もう一枚。 ハイポーズ!!(´▽`)

ありがとうございます。

。。。

では、山を下りましょう。

下りは膝に負荷がかかるので、ゆっくりと気を付けて下りましょうね。(´▽`)

はい、無事にゲストハウスに到着しました。全行程で、5時間の登山でした。

最年少・2歳児Sちゃん、そしてお母さん、頑張りましたね!!(´▽`)

 

閉会式で皆さんに、「次は春の田植えですが、Day2のアクティビティーは何がしたいですか?」

と、尋ねると、即答で「サーフィン!!」というリクエストがあったので、お待ちかね、

海のアクティビティーと農作業のコラボレーション、SURF&FARMにしましょうね。(´▽`)

サーフィンにもいろいろあって、海を感じるところから始めるのが良いかもしれませんね。

 

ちなみに、足元に置いている木のボードは、パイポボードといって、

むうさんがMikoちゃん用に、国産の銘木杉を材として作ったものです。(´▽`)

閉会式を終え、帰路につく前にガーデンで「だるまさんがころんだ」をして遊んでいます。(´▽`)

なんだか、

陰った夕日の雰囲気が、ノスタルジックな原風景を想わせてくれますね。(´▽`)

おや、こちらはSちゃん。庭に咲いてあったコットンの種綿を手に

「みて~、ふわふわ~!!」ですって。(´▽`)

みんなのキャラクターが冴えわたった2日間。

参加者の皆さま、お疲れさまでした。

 

そして、ブログをご覧いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

次の体験型食育交流イベントは2020年春、

田植えと海で遊ぶ「 SURF & FARM 」でお会いしましょう。

 

皆さま、ありがとうございました~!!

(´▽`)

 

 

 

豊かな大自然と共に

Rulo Classic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さな谷の中央を、宍喰川が流れる宍喰の町。

海沿いの国道55号線から、山側に少し入るだけで、こんな農村風景が広がります。

海・川・山が、密接な関係性を保っています。

 

体験型食育交流イベントの準備の日々は、

ありがたいことに良い天気が続きました。

 

 

臨時スタッフとしてお手伝いしてくれた、ドイツから来た学生のMさん(22歳)。

タンザニアでの活動を中心に、*パーマネントアグリカルチャーを勉強しながら、

世界中を旅している最中、日本を訪れたという事で、ご縁をいただきました。

 

*食物や繊維、エネルギーなど人間の必要を満たすため、

自然の中に見られるパターンや関係を真似し、風土を意識的にデザインすること、

などを説いている。

 

 

 

コツを必要とするハードワークも難なくこなし、

初めての稲作の作業を、楽しんでいる様子でした。

 

漁火の森で行う、懇親会用の地元食材の調達も行います。(´▽`)

 

そして、イベント当日の清々しい朝。

室戸阿南海岸国定公園内、宍喰・長浜から乳ノ崎を望む。

 

ガーデンの柊(ひいらぎ)も、新芽が出てきました。(´▽`)

 

 

育苗ハウスの中では、ホーリーバジルの芽が出てきました。

 

さあ、参加者の皆さんが、

ルロクラシック ゲストハウス / ガーデンに集まりました。

 

まずは、皆さんに自己紹介をしていただいてから、

自然についての座学を行います。

 

今回、皆さんに楽しんでいただく宍喰温泉の泉質から始まり、

水の自然循環についてのお話や、作業中や自然界に潜む危険をみんなで意識共有し、

安全に楽しめるように、危険予測 / リスクマネージメントを行いました。

 

さあ、田んぼに移動し作業開始です。

まずは、稲苗を植える基準になる升目を描く作業から。

 

昔ながらの道具を使って、丁寧に描いていきます。

 

 

綺麗に描けましたね!(´▽`)

 

さあ、みんなで植えていきましょう~。

 

 

 

 

 

 

 

個性的なアプローチで植え始めるお父さん。

皆さん、それぞれの個性が光ります。(´▽`)

 

あれ?

こどもたちはというと、、、

 

用水路で、お約束の水遊び~。(´▽`)

 

こちらも、お約束の生き物観察ですね。(´▽`)

 

わお~、道路に寝そべって冷えた体を温めるTちゃん。

ここでも、それぞれの個性が光ります。

でも、ここは農道なので、道路で寝てはダメですよ。(´▽`)

 

お父さん、お母さんはというと、集中力が上がってきた様子。

黙々と作業に打ち込んでいます。(´▽`)

 

さあ、

お昼になったので、作業はここまでです。

 

皆さん、とても綺麗に植えました。

ありがとうございます。

 

みんなで、記念撮影。

ハイポーズ!(´▽`)

 

元気に作業し、お腹が空いたので

宍喰川に移動して、泥を落とし、みんなでお昼ご飯。

 

自家製スパイス(ガーデンのターメリックなどを使用)で仕込んだ、

地鶏・阿波尾鶏のカレーです。(´▽`)

 

みんなで力を合わせて作業をし、

一緒に食べる食事はとても美味しかったですね。

 

食後は、お決まりの川遊び。

まだ、4月ですけど、、、(´▽`)

お天道様のご陽気に誘われてジャバジャバと遊びます。

 

 

 

 

 

おや、?

大人たちは、何やら始めました。

 

石積みですね! (´▽`)

 

次第に集中力が上がりだし、

本気モードで夢中になりました。(´▽`)

 

あれ?

またもや、、、

 

川遊びで冷えた体を温めるTちゃん。

石で身体を温める技を習得しましたね! (´▽`)

 

そんなこんなの「田植え&川遊び」編でした。

お次は「漁火の森」編につづきます、、、(´▽`)

 

 

豊かな大自然と共に

Rulo Classic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 8123...最後 »
  • Categories

  • Archives

    • 2020 (5)
    • 2019 (13)
    • 2018 (16)
    • 2017 (15)
    • 2016 (11)
    • 2015 (22)
    • 2014 (17)