季節はすっかり秋。

とても過ごしやすい季節です。

 

良く晴れた土曜日、家族そろって

秋の風物詩・ゆずの収穫に行きましょう~!

 

 

子供たちは、やる気満々です。(笑)

 

 

ゆずの木には、鋭いとげがあるので危険です。

Yの字の木と、竹で作った棒をうまく使って収穫します。(笑)

 

 

Mikoママも、楽しんでいます。

 

 

おや、、、

Tちゃん、我慢できずに、かぶりつきました!

「 酸っぱいけど 美味しい~ !! 」ですって(笑)

 

 

さて、収穫したゆずを搾りましょうね。

 

 

道具の間に挟み、押して搾ります。

 

 

1つづつ、、、気を付けて、、、、丁寧に搾ります。

 

 

搾った果汁は瓶に入れ、涼しくて暗い場所で保管します。

搾った果汁のことを「ゆず酢・ゆうの酢」と呼び、お酢の代わりに使います。

お寿司やカルパッチョなど、和・洋 問わず何にでも合い、とても重宝します。

 

皮は、ゆず胡椒に使います。

自家採取の種から育てた唐辛子を使います。

 

 

赤と青、それぞれ風味の違う2種類ができました。

これからの寒い季節の食卓に、とても重宝します。

 

 

家族みんなで収穫し、種から育てた植物で食卓を彩る。

 

山々から注ぐ水が、谷あいを流れ、宍喰の町を通って、黒潮が走る海へと流れる。

そして、海水が蒸発し、空へと上がり、雨となり、また山へと降り注ぐ。

 

当たり前のようで、生活の中ではなかなか感じることができにくい、、、

素晴らしい自然循環があってこその美味しい食材。

 

 

この豊かな環境が子供たちへと受け継がれ、

ずっと、ずっと続いていきますように。

 

 

豊かな大自然と共に

Rulo Classic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Categories

  • Archives

    • 2018 (16)
    • 2017 (15)
    • 2016 (11)
    • 2015 (22)
    • 2014 (17)