2018年度、夏の大学生向けインターンシップ。

 

今回のインターンシップは、

「 社会の様々なフィールドで新しい価値を創造する起業家型リーダーを育成し、

社会のイノベーションに貢献するNPO法人 」 ETIC. (エティック) 様のプログラム、

” 地域ベンチャー留学 https://cvr.etic.or.jp/ ” のもと行われました。

 

暑い日が続いたり、経験したことがないような猛烈な台風が直撃したりという厳しい自然環境下のプログラムでしたので、

とにかく、” 体調管理に気を付けて、日々の営みに励みましょう ” を 合言葉に過ごしました。

 

 

お米とハーブの収穫時期にインターンシップが行われました。

 

 

お米の収穫をしたり、、、

 

 

 

ハーブの収穫をしたり、、、

 

 

 

 

 

体験型食育交流イベントのお手伝いで、昔ながらの脱穀体験をしたり、、、

 

 

 

 

 

 

 

お客様の前でお米についてのクイズをしたり、、、

 

自分たちで脱穀した藁を使ってカツオのたたきを作ったり、、、

 

みんなで収穫体験をしたり、、、

 

 

行政・観光協会向けのプレゼンテーションを行ったり、、、

 

 

 

藍染体験をしたり、、、

 

釣りをしたり、、、

 

サーフィンをしたり、、、

 

 

 

猛烈な台風を経験したり、、、

 

海陽町ブランドの地鶏・阿波尾鶏(あわおどり)の料理をしたり、、、

 

 

 

地域の盆踊りに参加したり、、、

 

薪を割って、釜でお米を炊いたり、、、

 

 

 

 

 

禅寺・城満寺でありがたいお話をお聞きしたり、、、

 

精米作業のお手伝いをしたり、、、

 

 

 

山のお仕事の現場に同行したり、、、

 

 

 

 

 

作業後に飯ごうで飯を炊き、美味い魚を食したり、、、

 

 

 

ここには書ききれないほどの色んなことがありました。

せっかく海陽町に来たんだから、多角的な視点でいろんな方々のもとで様々な事を経験したほうが良い、という事で

自ら動いて、興味を抱いた方々に彼らが自分でアポイントを取り、お手伝いをしてもらいました。

 

これは、地域の皆さんの受け入れがあってこそのことです。

ご協力いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 

そして、次のステップに向けた新たな旅立ちの日、、、

 

T君 旅立ちの朝、ルロクラシック・田中家と共に

 

 

S君 旅立ちの日、

今回のミッションのコーディネーター、「 地方創成から日本創成を」をスローガンに、

実際に地域に住み、地域の一員として本物の地域資源を活かした仕事づくりやひとづくりを通して、

日本人が誇り、挑戦できる未来の創造を目指して日々行動している若手起業家、

「 一般社団法人ディスポート 」の皆様と共に、海陽町・コワーキングスペース 城山荘にて。

https://www.disport-j.com/

 

S君の旅立ちは、阿佐海岸鉄道・宍喰駅から、、、

 

ナイスコンビネーションの二人。

 

青春のおすそ分けをありがとう (笑) !!

 

地域の皆様、今回のミッションに携わっていただきました皆様、

誠にありがとうございました。

引き続き、ご指導のほどよろしくお願い致します。

 

 

豊かな大自然と共に

Rulo Classic

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • Categories

  • Archives

    • 2018 (15)
    • 2017 (15)
    • 2016 (11)
    • 2015 (22)
    • 2014 (17)